インプラント治療にかかる諸費用って何?金額は高額?

インプラントは保険適用外の治療なので、費用が高額になることがあります。
保険治療であれば、国によって治療費が決められていて、かかった費用のうちの3割の負担で済みますが、保険適用外の場合は全額自分で支払わなければいけません。
おまけに、保険外治療に関しては国による決まりがないので、歯科医院が独自に料金を設定することができます。
同じ治療をしたとしても、費用には差が出ます。

インプラントをするのであれば、少しでも安くして、高額な出費をおさえたいと考える患者さんは多いです。
最近は、ホームページなどでインプラントの費用を掲載している歯科医院も増えています。
インプラントの平均的な費用は1本あたり30~60万円ほどとされています。
この費用の中には、検査費用、手術代、人工歯代などが全て含まれています。
歯科医院によっては費用を安く見せるために、手術代の10万円だけを掲載して、他の歯科医院よりも大幅に安い価格で治療できるかのように宣伝しているところもあります。

そもそも、インプラントの費用は、レントゲンやCTなどの事前の検査代に加えて、手術代、人工歯代がかかってきますが、これ以外にも費用が必要です。
例えば、手術する際に骨が少ないと、骨を増やすための治療が必要になります。
さらに、手術をしてインプラントのフィクスチャーというネジの部分を埋め込んでも、アバットメントといって、上にかぶせる土台など、構造上の必要な器具がいくつかあります。

これらの器具はたくさんのメーカーから販売されていますが、世界的なメーカーのものは高品質なチタンで作られていて、費用も高額になります。
安いメーカーの粗悪なインプラントを使用すると、治療直後は問題がなくても、長期間使うには不自由してしまうこともあります。
インプラントは材料費だけでも費用が掛かる治療です。

安く治療をするために、安い歯科医院に行くというのは当然の流れですが、その歯科医院が宣伝している金額は、手術代だけなのか全て含まれているのかということを調べる必要があります。
インプラントは治療後にも、噛み合わせやクリーニングなどの定期的なメンテナンスが必要になります。
メンテナンスの金額まで含めて、比較検討するようにしましょう。
金額の話はしにくいという患者さんもいますが、安心して治療を受けるためには必要なことです。
クレジットカードやローンを扱っている歯科医院もあり、支払い方法も選べるようになりました。

あわせて読みたい記事